近況報告August 2017

2017-08-08

残暑お見舞い申します。特に今年の夏は「猛暑」を超えた異次元の世界の夏の暑さのように感じております。皆様は、いかがお過ごしでしょうか。迷走台風5号が、「さぬき砂漠」へ慈雨をもたらしてくれたようで、たいした災害もなく、讃岐平野は本当に住みやすい有難い土地であります。

そのような珠玉の地、仏生山町と香川町の境の平池堤に50年間立ち続けている乙女の像の再築に取りかかり、もう計画から3年が経過します。コツコツ募金を集めていて、この夏に初期からの募金額が400万円の大台に乗りましたことをここにご報告します。また人(企業含む)の数も、大台の100人を超えて、102人に達しました。

驚いたのは5月11日(木)に飛び込んできた、額面1,000,000円のFAXでした。金額の多寡もさることながら、数日前にチラシの設置を御願いしたところの店主さんでした。「幼い頃から毎日、乙女の像を見て育ちました」と言われて、涙腺の弱い私は、感動に震えました。

盆明けにも作者の萬木淳一先生と面談して、ブロンズ化の具体的相談に入ろうと考えているところであります。予定では残金が200万円、どうにか峠も半分は越えるられたようであります。暑中見舞に換えて、近況報告とさせて頂きます。ありがとうございました。

入会のお申し込み
四国新聞報道


仏生山町風景
仏生山の昔話
昭和乙女の像
平成乙女の像
※即再生されます。音量注意
いわざらこざらの物語(唄付き)
いわざらこざらの物語(唄なし)
作詞:小比賀剛一
作詞:岡本正
唄:岡本由美子
Copyright© 仏生山魂再開発フォーラム All Rights Reserved.